プロフィール

氏名: 池本幸生(いけもと・ゆきお)

日本サステイナブルコーヒー協会理事

研究テーマ①アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチの応用

人の暮しの良さは所得だけでは測れない。人が「何をできるか」「どんな状態になれるか」に着目するのが「ケイパビリティ・アプローチ」である。それを様々な分野で応用し、その有効性を示すことが現在の中心的な研究課題である。応用分野:発展途上国の貧困問題、日本の不平等問題、貧困対策としての観光開発、

研究テーマ②サステナブル・コーヒーに関する研究

タイのドイトゥン・コーヒー・プロジェクトに関する研究

ベトナム中部高原におけるコーヒー生産と少数民族の暮らしに関する研究

主な論文・著書:

『アジアの開発と貧困』(松井範惇と共編著)明石書店

【翻訳】
アマルティア・セン『正義のアイデア』明石書店、2011.12.

アマルティア・セン『不平等の再検討』岩波書店、1999.7.

R.ウィルキンソン『格差社会の衝撃』書籍工房早山、2009.4.

Nussbaum, Martha 『女性と人間開発 潜在能力アプローチ』 岩波書店、2005.10.

クリフォード・ギアーツ 『インボリューション: 内に向かう発展』NTT出版、2001.7.

詳しくは、東文研のホームページで。

■メールアドレス: ikemoto の後ろに @ioc.u-tokyo.ac.jp をつけてください。